サイトメニュー

美容医療を受ける方法

顔に触れる女性

受ける前に知っておくと損しない

ボトックス治療は美容クリニックで受ける事ができます。現在はネットが発展しているおかげで、ホームページを大半の美容クリニックでは設けています。クリニック探しはネットで検索しやすく、クリニック自体も多いので見つけやすいです。クリニックを見つけ選択した後は受診になります。その際、一般的な病院とは異なり直接窓口に行っても医師と会えない可能性が高いです。美容クリニックでは必ず医師との面談が行われます。まず最初に電話やネットで予約をして医師との面談日を調整する事から始まります。面談日には自身の希望を伝える事になるので、事前に希望についてまとめておくとスムーズになります。ボトックス治療は副作用のない安全な薬剤を使用しますが、医薬品なので持病や薬の飲み合わせの様に思わぬ副作用が現れる可能性があります。その部分は面談時の診察ではわからないので、必ず患者側から伝える必要があります。お薬手帳があれば提示が促されますが、それがない場合も口頭で伝えなければなりません。それが双方にとって安全に繋がるからです。

ボトックス治療は医療施術で医師が行います。その為一見すると保険が使えると思われますが、実際は全額自己負担です。保険は疾病の治癒目的の治療が範囲であり、美容目的であるボトックス治療は保険適用外治療となります。全額自己負担ですが、美容整形術の中でも安い設定になっています。1部位3万円から6万円程で、状態や部位によって設定金額が異なります。全国平均の相場にどのクリニックも合わせており、そこからそれぞれが部位毎のセット料金やダウンタイムをより短期間にするアフターマッサージ独自のサービスを加えて差が生じています。基本料金は全国平均に合わせており、どのクリニックでも大差はありませんが、その副作用で他のクリニックと差を作る様にそれぞれ割引制度等を設ける形になっています。多くのクリニックでは期間限定の割引や会員割引をスタンダードにし、さらにアフターサービスを付加した様に、エステの様なサービス形態をとっています。クリニック毎の価格差はないと言われていますが、実際には過剰なサービスが付加される形になっています。それが自費診療である副作用となっています。