サイトメニュー

安全に美容治療を受ける

カウンセリング

治療効果や薬剤の種類について

美容整形は、悩みやコンプレックスを解消して前向きな生活や自分に自信をもって生活を送れる事を手助けする医療施術です。美容整形には長いダウンタイムや劇的な変化で周囲に整形を受けた事を知られるといったイメージもありますが、ボトックス治療はそれらの心配がありません。ボトックス治療は副作用がなくダウンタイムもほとんどありません。施術直後は受ける前とほとんど変化はなく、平均で1か月程かけて徐々に効果が現れます。周囲の方からすると自然と美しくなっていく様に見えますので、整形を受けた事を知られたくない方に最適です。またダウンタイムがほとんどないので、施術後もその部位を隠す必要はなく、普段通り生活を送ったり仕事をする事も可能です。この様に生活を制限する必要なく目的を達成できる治療方法として、多くの方が選択しています。高い効果がありますが、副作用はなく、これは世界70か国以上で使用されその報告もありません。保険適用外なので全額自己負担ですが、薬剤を選択したり割引サービスを利用する事で費用負担軽減を図れます。

ボトックス治療は保険適用外なので全額自己負担になり、美容整形術の中では安いと言われてはいますが3万円から6万円程必要になります。また効果期間は半年程なので、効果継続には再治療が必要です。再治療には当然再び同じ金額が発生します。費用負担軽減方法はいくつかありますが、大きな軽減策としては注入するボツリヌストキシンを検討する事です。ボトックス治療ではボツリヌストキシン以外の薬剤を使用される事はありません。ただし正規品とジェネリックは存在します。ジェネリックは正規品と同成分・同効果なので副作用も同じくなく、開発費用を削減できるので薬価自体を安くできます。正規品の半額以下の治療費で済みますので、選択する事で費用負担軽減を図れます。安全性も高いですが、その安全性は製造国の期基準であり、日本の基準とは異なる為厚生労働省も安全性を裏付けていません。厚生労働省が副作用のない安全な薬剤と認めているのは、正規品と言われるアラガン社製のみになります。その背景を加味してジェネリックか正規品かを選択する必要があります。